Live Messenger 8.0以上対応 TRPGダイスアドイン

Sessionger! (セッションじゃぁ!)


【バージョン】 1.55 (2007/01/20)
【動作環境】 WindowsXP SP2
【開発(作者)】 だんじょん・とらっぷ♪(しべくん)
【サポート】 http://shibekun.s5.xrea.com/index.html
       shibe_kun@yahoo.co.jp


◆概要

MSN Live Messenger 8.0 以上 で動作する、ダイススクリプトのアドインです。

◆履歴

Ver1.55 → Ver2.00(2007/02/01)
・Ver2.00より、正式名称“Sessionger!(セッションじゃぁ!)”を採用
  旧DT_Toolは削除して頂いて構いません
・アリアンロッドのダイススクリプトを修正、改変
・テーブル、チャート参照機能実装
  アリアンロッド ライフパス(ルールブック版)
  アリアンロッド ライフパス(リインフォース版)
  アリアンロッド ランダムアイテム(アイテムガイド版)
  ナイトウィザード 二つ名
  ナイトウィザード 萌えヒロイン作成チャート
  ナイトウィザード 性格表
  ナイトウィザード ライフパス
  ランダムネーム 女性名
  ランダムネーム 男性名
  ランダムネーム 姓、銘
・真・女神転生TRPG 覚醒篇 威力ダイス(D6の6振り足し)実装
・真・女神転生TRPG 200X 威力ダイス(D10の10振り足し)実装

Ver1.30 → Ver1.55 (2007/01/20)
・PC登録のバグ修正
・ナイトウィザードのCF登録バグ修正
・シーン登場回数カウンターを追加
・アリアンロッドのダイスロールに対応

Ver1.00 → Ver1.30 (2007/01/19)
・繰り返しダイスのスクリプトを変更・修正
・トーキョーN◎VA、Blade of Arcana のシーンタロットに対応
・ダブルクロス、ナイトウィザード、カオスフレア、ソードワールドのスクリプトを修正

◆免責

当ソフトウェアは、自己責任でご利用ください。
DT Toolを使用したことによる一切の被害について、作者は一切の責任を負いかねます。
なんらかの不具合が生じた場合、当方が修正を行うかどうかは保証できません。あらかじめご了承ください。
※現在、一部環境下でCPU使用率、メモリ使用率が上昇する現象が報告されています。
開発環境下では確認できなかったため(チャット起動時に一時的にあがることはあっても、すぐに戻る)原因がわかりません。同様の現象を確認された方は報告をお願いします。

◆構成

 MsgAddIn.Sessionger.dll ----- ダイススクリプトアドインの本体です
 Sessionger.reg -------------- レジストリ書き換えファイル
 MessengerClient.dll ------ メッセンジャークライアントのDLL
 ReadMe.html -------------- このファイル、説明書です


◆インストール

@ MSN Live Messenger(8.0以上)、.Net FrameWork のインストール
Sessionger!(セッションじゃぁ!)MSN Live Messenger(8.0以上)で動作します。
まずはMicrosoftより、上記ソフトをインストールしてください。

続いて、.NET FrameWorkの2.0以上(再頒布パッケージでOK)が必要になりますので、こちらもインストールしてください。

ただし、オンラインセッションを行う場合、これらのソフトとDT_Toolが必要なのは、参加者のうち1人だけでOKです。
誰か1人がSessiongerを起動していれば、他の参加者は偽メッセ、Regnessem、MSN Messengerなどを利用していても、会話に参加してコマンドを発言することで、ダイススクリプトを利用することができます。
A ファイルの解凍・展開
上記4つのファイルを任意の場所に解凍・展開してください
B レジストリの書き換え
MSN Live Messengerはデフォルトの状態では、アドインを使用できません。
Sessionger.regをダブルクリックして、レジストリを書き換えてください。
※過去に、旧DT_Toolをインストールした方は必要ありません

Messengerを再起動した際に、メニューから「ツール → オプション」を選ぶと、一番下に「アドイン」の項目が追加されていれば成功です。
C アドインの登録
メニューから「ツール → オプション → アドイン」を選択します

「Messengerに追加」のボタンをクリック

Aでファイルを展開したフォルダに移動

「MsgAddIn.Sessionger.dll」を選択

上の「管理」リストボックスに「Sessionger」が表示されていれば成功です
複数のアドインを登録している場合は、リストボックスからSessiongerを選択してください
D DT_Toolアドインを有効にする
アドインはデフォルトの状態では無効になっています
Messengerの自分の名前の所をクリック
出てきたリストから「Sessiongerを有効にする」をクリックします

◆ 使用方法

 アドインが有効になっていれば、あとはメッセージ入力欄にコマンドを記述するだけでダイスを利用することができます。また、オンラインセッションを行う場合は、誰か1人がDT_Toolを起動していれば、全員がダイスを利用することができます。

 コマンドは全て半角で入力します。また、コマンドは通常の発言に続けて入力しても構いません。DT_Toolはコマンドの部分を判別して、スクリプトを実行します。ただし、1回の発言では1つのコマンドしか実行しないので注意してください。

◆ コマンド

※ 実際の記述は全て半角で行ってください!

※ キーワードは大文字、小文字が混在していても反応します

※ コマンドは文章中に記述してあっても、問題ありません

±a...±c...{オプション}
面体のサイコロを個振ります
±a...は修正値です(省略可) 倍する前に加えたい修正はここで記述します。
  #2d6+5-8+13... のように、続けて修正を記入することで、自動的に合計を出してくれます
xbは倍率です(省略可) は半角のX(エックス)を使用してください
  ダイス目と修正値の合計を倍します
±c...は修正値です(省略可) 倍した後に加えたい修正はここで記述します。
  やはり、続けて修正を記入すれば自動的に合計を出してくれます

数学的に記述すると、以下のようになります
 (2D6+a)×b+c
{オプション}を利用することで、複数回のダイス振りなどを行うことができます

 同様の判定をn回繰り返します
 例:#2d6+5@3
   2D6 + 5 @ 3 ( 9 , 14 , 8 )

MIN 同様の判定をn回繰り返し、最小の結果を出します
 例:#2D6+5@3MIN
   MIN : 2D6+5 ( 9 , 11 , 9 ) = 9

MAX 同様の判定をn回繰り返し、最大の結果を出します
 例:#2D6+5@3MAX
   MAX : 2D6+5 ( 11 , 14 , 10 ) = 14

#Ver1.30より変更
 同様の判定をn回繰り返し、目標値m以下の回数を出します
 例:#2D6+3@5<10 (2D6+3を5回振り、10以下の回数を出す)
   ≦10 : 2D6 + 3 @ 5 ( 6 , 6 , 11 , 10 , 7 ) = 4

 同様の判定をn回繰り返し、目標値m以上の個数を出します
 例:#2D6+3@5>10 (2D6+3を5回振り、10以上の回数を出す)
   ≧10 : 2D6 + 3 @ 5 ( 14 , 7 , 11 , 12 , 9 ) = 2

#Rabc...
D66やD36などを振る場合に使用します。
通常のダイスで1D66をロールすると、59などの結果が出てしまいます。
テーブルを参照する際のD66などはこちらを利用してください。

例:×
  #D66
  1D66 ( 20 ) = 20

例:○
  #R66
  D66 ( 1 , 6 ) = 16

#S100
#RS100
主に女神転生TRPGで使用するスワップダイスです。
Sでスワップを、RSで逆スワップを行います。

#A6_,±
真・女神転生TRPG 覚醒篇で使用する威力ダイスです。
6面体を個振り、6が出たものは振り足し、最後に基本威力を足します。

例:剛剣“分の剣”、威力ダイス3個、基本威力は+5、武器威力10
  #A6 3,+5+10
  威力 3D6 ( 3 + 1 + 2 ) + 15 = 21

#A10_,±
真・女神転生TRPG 200Xで使用する威力ダイスです。
10面体を個振り、10が出たものは振り足し、最後に基本威力を足します。

例:デビルアームズの攻撃!威力ダイス1個、基本威力は+18、武器威力19!
  #A10 1,+18+19
  威力 1D10 ( 10 + 1 ) + 37 = 48
  振り足し発生数 : 1

#SW_,±
ソードワールドのレーティング表を振ります
はレーティングのキーナンバーです。これは省略できません (例:打撃力など)
はクリティカル値です(省略可) 省略した場合はクリティカルが発生しません
±は修正値です(省略可) 例:魔力ボーナスなど
Ver1.30より、修正値は連続して記述することで自動的に合計値を出します。

例1:抵抗されたファイアボルト、魔力3
   #SW 0,+3 (←クリティカルは発生しないので、省略している)
   レーティング表 : 2D6 ( 2 + 2 ) = 4 : [ 0 ] = 0
   合計 : 0 + 3 = 3

例2:打撃力24の武器で攻撃!クリティカル値は10!修正値はなし
   #sw 24,10 (←修正値はないので、省略している)
   レーティング表 : 2D6 ( 5 + 5 ) = 10 : クリティカル![ 24 ] = 8
    + 2D6 ( 1 + 1 ) = 2 : [ 24 ] = 0
    合計 : 8


例3:打撃力16の武器で攻撃!クリティカル値は11で、ダメージボーナスが+3、+2
   #sw 16,11,+3+2
   レーティング表 : 2D6 ( 3 + 5 ) = 8 : [ 16 ] = 5
    合計 : 5 + 5 = 10

#TR_
#DA_
#AG_
天羅万象、エンゼルギア、ドラゴンアームズなどに対応したダイスです。
上記のどれを入力しても構いません。
D6を振り、目標値(技能レベル)以下の出目の数を成功数として出力します。

例:能力値5、技能レベル4で判定
  #AG 5<4
  AG 5D6 < 4 ( 2 , 4 , 2 , 5 , 3 ) : 成功数 4

#DX_±a
ダブルクロスの判定ダイス
個の10面を振り、値(省略可…省略した場合、クリティカルは10に)以上のダイスは出目10として扱い振り足す。最も高かったダイスに、修正値±aを加えて、達成値にします。
Ver1.30より、修正値は連続して記述することで自動的に合計値を出します。

例:ダイス5個、クリティカル値はそのまま10、修正値もなし
  #DX 5
  DX 5D10 c10 ( 5 , 10 , 3 , 10 , 8 ) : クリティカル 2 個
  ( 1 , 3 ) + 0 = 達成値 13

例:ダイス3個、クリティカル値は8、修正値なし
  #dx 3,8
  DX 3D10 c8 ( 9 , 6 , 3 ) : クリティカル 1 個
  ( 9 ) : クリティカル 1 個
  ( 8 ) : クリティカル 1 個
  ( 6 ) + 0 = 達成値 36

例:ダイス3個、クリティカル値はそのまま、修正値+5と+6
  #dx 3,+5+6
  DX 3D10 c10 ( 3 , 5 , 5 ) + 11 = 達成値 16

例:ダイス5個、クリティカル値は8、修正値30のエフェクトで攻撃!
  #DX 5,8,+30
  DX 5D10 c8 ( 1 , 10 , 4 , 10 , 4 ) : クリティカル 2 個
  ( 6 , 1 ) + 30 = 達成値 46

#CF_±a
カオスフレアの判定ダイス(2D6)
値(省略可…省略した場合、クリティカルは12に)以上の出目はクリティカルとして達成値に+20
値(省略可…省略した場合、ファンブルは2に)以下の出目はファンブルとして達成値を−20
修正値±aを加えて、達成値を出す

例:とりあえず判定、クリティカルはデフォルトの12、ファンブルも同様に2、修正値なし
  #cf
  CF 2D6 [C] 12 [F] 2 ( 2 + 2 ) + 0 = 4

例:クリティカル10で判定、他はなし
  #cf 10
  CF 2D6 [C] 10 [F] 2 ( 5 + 2 ) + 0 = 7

例:ファンブル4で判定、他はなし
  #cf ,4 (クリティカル値を省略して、ファンブル値を設定する場合は、カンマを忘れずに!)
  CF 2D6 [C] 12 [F] 4 ( 5 + 2 ) + 0 = 7

例:クリティカル値10、ファンブル値3で判定、他はなし
  #cf 10,4
  CF 2D6 [C] 10 [F] 4 ( 5 + 2 ) + 0 = 7

例:両方省略、修正値+5
  #cf +5 
  CF 2D6 [C] 12 [F] 2 ( 5 + 2 ) + 5 = 13

例:クリティカル値10、ファンブル値3で判定!修正値は+5と−3!
  #CF 10,3,+5-3
  CF 2D6 [C] 10 [F] 3 ( 1 + 2 ) + 2 = ファンブル! -15

#AR_±a
アリアンロッドの判定ダイス(D6)
…ダイスの数
±a…修正値、省略した場合は0

また、通常は1つ1つのダイス目を表示するが、字数制限を超えた場合は自動的に簡略表示にします。
基本的に6が2個以上ならばクリティカル!、全て1だったらファンブル!と表示します。
6が1コでも出ている場合は、6の個数を表示します。

例:修正なしでダイスは6個
  #AR 6
  AR 6D6 ( 3 , 1 , 5 , 1 , 3 , 4 ) = 17

例:修正+8でダイスは6個
  #AR 6,+8
  AR 6D6 ( 2 , 1 , 6 , 6 , 3 , 3 )  + 8 = 29 クリティカル!
  出目6の個数 : 2

#ARITEM_CL
アリアンロッド アイテムガイド掲載のランダムアイテムチャートを振ります。
効果や重量、価格などは必ず1度アイテムガイドを参照し、確認してください。
CLには、現在のクラスレベルを入力します。
エンチャントアイテムの場合、アイテムLvによる価格調整は自動的に計算されています。

例:CL1でランダムアイテムを振る
  #ARITEM 1
  アリアンロッド ランダムアイテム【アイテムガイド掲載】
  幸せのサークレット P75
  エンチャント : レジスト ( 地 )
  精霊の加護により、〈地〉属性の魔法ダメージに対する魔法防御力+2。
  命名例 : 金剛石の〜、ストーン〜、ノームズ〜
  レベル : 3 価格 : 24000

#TABLE_TN
アリアンロッドのライフパスや、ナイトウィザードの性格表などのテーブル、チャートを振ります。
TNには、使用するテーブルやチャートの名称を入力します。
現在登録されているテーブル、チャートは以下の通りです。

ARALP_RB  アリアンロッド ライフパス(ルールブック版)
ARALP_RI  アリアンロッド ライフパス(リインフォース版)
NWCHR     ナイトウィザード 二つ名
NWMOE     ナイトウィザード 萌えヒロイン作成チャート
NW2ND     ナイトウィザード 性格表
NWLP      ナイトウィザード ライフパス

時間の余裕がある時に、チャートは追加していきます。優先的にコレを!というのがあれば要望を出してください
また、文字数制限の関係上、解説や記述は省略されています。
必ずルールブックなど、元のチャートやテーブルを確認してください。


例:アリアンロッド ルールブック版ライフパス
  #TABLE ARALP RB
  アリアンロッド ライフパス 【標準版】
  出自 : 31 : 冒険者
  あなたの親もまた、冒険者であった。あなたは親に冒険者としての訓練をみっちりと受けて育った。
  《トレジャーハンター》
  [アイテム鑑定]に+3の修正を得る。あなたは宝物やお金に目がない。
  境遇 : 43 : 没落
  地位を、財産を、名誉を失った。失った栄光を、取り戻さなければならない。
  運命 : 54 : 嘘
  あなたは嘘に気づくだろう。あなたを包んでいた偽りをはがし、その裏にある真実にたどりつくだろうか。

#NAME_??
ランダムな欧風の名前を出します。
女性名1000、男性名1000、姓・銘5000を登録してありますので、同じ名前が重なることはまずないでしょう(笑)
また、組み合わせによるランダムジェネレートではなく、登録された名前をランダムに選び出す方式をとっているので、あまり変な名前は出ないようになっています。

??にはフラグを記入します。
女性名+姓男性名+姓姓・銘のみが出力されます。

例:女性名を…
  #NAME F
  ランダムネーム 女性
  パトリシア = ベーゼ

例:男性名いってみようか…
  #NAME M
  ランダムネーム 男性
  ルペルト = ラヴィトラーノ

例:姓・銘のみで!
  #NAME X
  ランダムネーム その他
  アウフシュナイター

#INITBOA
Blade of Arcanaのシーンタロットを準備します

#INITNOVA_{オプション}
トーキョーN◎VAのシーンタロットを準備します。
{オプション}には、使用するマイナスナンバーを記述します。
 複数のマイナスナンバーを利用する場合は、カンマ(,)で区切り、続けて記述します
 公式にないマイナスナンバーは利用できません。オプションに含めても無視されます。

例:ヒルコ(−1)を利用する場合
  #INITNOVA -1

例:アヤカシ(−18)とカゲムシャ(−9)を利用する場合
  #INITNOVA -18,-9

#TAROT
準備されているシーンタロットをめくります
あらかじめ、#INITBOAか#INITNOVAでシーンタロットを準備する必要があります。

また、N◎VAとBoAのタロットを同時に利用することはできません。
後から準備したほうが有効になります。

以下のNW/SFのダイスや、トランプなどは必ずPCリストを作る必要があります


#INIT_
PCリストを初期化します。
はプレイヤーの人数です、GMはカウントする必要はありません

NWやS=Fのダイス、トランプ機能を利用する場合、まずこのPCリストを設定する必要があります

#SETPC_
自分をPCとしてリストに登録します。

NWやS=Fのダイス、トランプ機能を利用する場合、まずこのPCリストを設定する必要があります

#SETGM
自分をGMとしてリストに登録します。
GMのPC番号は0になります。

NWやS=Fのダイス、トランプ機能を利用する場合、まずこのPCリストを設定する必要があります

#POP
シーンに登場したときに使用することで、シーン登場回数を+1回します。
あらかじめPCリストを作成し、PCとして登録していないとこの機能は利用できません。

#SCENE
全員の現在のシーン登場回数を表示します。

#SETNWCF_n......
ナイトウィザードやセブンフォートレスで利用するクリティカル値とファンブル値を設定します。
この機能を利用するには、まずPCリストを設定する必要があります。
続けて記述すれば複数個のC=F値を登録できます。

例1:クリティカル値7、ファンブル値12
   #SETNWCF C7F12

例2:クリティカル値7と8、ファンブル値6と10の≪混沌の運命≫ちゃん
   #SETNWCF C7C8F6F10

#NW_±a...
先ほど設定した、ナイトウィザードやセブンフォートレスで利用するクリティカル値とファンブル値を使ってダイスを振ります。
修正値±は続けて記述することで自動的に合計を出してくれます。省略した場合は0として計算します。

例:クリティカル値7 ファンブル値12、命中−3の武器で、≪特殊能力≫で命中が+5
  #NW -3+5
  NW 2D6 + 2 ( 7 , 5 ) クリティカル! = 17

#INITCARD_
トランプを準備します。
以下のトランプ機能を使用するには、このコマンドで先にカードを準備する必要があります。
は使うデッキ(4スートx13枚=1セット52枚)の数です。
は使うジョーカーの枚数です。
最大で9デッキと9枚のジョーカーを使用することができます。

準備されたカードは自動的にシャッフルされ、山札になります。

#DRAW_
山札から枚のカードを引きます。
あらかじめPC登録をしておかないと、カードを引くことはできません。
1回で最大9枚のカードを引くことができます。

#HAND
自分の手札を確認します

#DISCARD_
手札から、カードを捨てます。
カードはスート+数字で記述します。

例:
スペードの4  S4
クラブのA   CA
ハートのキング HK
ダイヤの10  D10
ジョーカー   JKR

#GIVE_
手札から、PCにカードを渡します。

#SHUFFLE
残っていた山札と、捨て札をシャッフルし、山札にします

◆ 備考

他 こんな機能がほしい! ○○○のゲームに対応してほしい! というご意見、ご要望やバグ報告などは shibe_kun@yahoo.co.jp までお願いします

◆ ダウンロードはここから!